2006年11月04日

ヨーグルトが花粉症に効くという噂は本当?

マウスを使った実験で乳酸菌が食物アレルギー反応を抑制する効果を持つことがわかりました。ただし、マウスに与えた乳酸菌の菌数は、人間に換算するとヨーグルト21リットル、ヤクルト400で6本分に相当するそうです。

効果発現機序として、腸粘膜が痛むと異種タンパクが体内に進入しやすくなり、 これがアレルギー反応と強めるという。増強されたアレルギー作用は腸の局所にとどまらず、全身のアレルギー作用をも強めるといいいますが人間で毎日この量を摂取するのは不可能ですね。

あるある大辞典では一日200ml以上のヨーグルトを一年間摂取した約300人中の約 1/3で花粉症の症状軽快したと報告しています。
また、花粉症歴が短い人では一日200ml以下でも有効だった人もいたという。逆に、花粉症歴が10年以上の長い人、喫煙者、幹線道路の近くに住んでいる人は、慢性的に鼻粘膜が荒れて敏感になっているので、効果が弱かったという報告です。

以上から試す価値はありそうですが、実験で試された乳酸菌の量を参考にする と、ヨーグルトだけでなく、多量の乳酸飲料(サントリーのBikkle、ヤクルトなど) を併用した方がよいように思います。女性ならついでに便秘もよくなります。ヨーグルトとヤクルトを飲んでとてもよくなった人が何人かいます。できれば年中これらを摂取することをお勧めします。
但し、高カロリーなので充分ご注意を・・・
posted by とも at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症って? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液検査できるアレルゲン :その他のアレルゲン

その他のアレルゲン

寄生虫   アニサキス、カイチュウ、ホウチュウ


昆虫    ガ、ゴキブリ、ユスリカ(成虫)、や部下、
      ミツバチ、スズメバチ、アシナガバチ

その他   ヒトインシュリン、ゼラチン、綿、絹

血液検査できるアレルゲン :食物性アレルゲン

食物性アレルゲン

 卵    卵白、卵黄、オボムコイド(耐熱性卵蛋白)

 牛乳   ミルク、チーズ、カゼイン、モールドチーズ

 肉    豚肉、牛肉、鶏肉、羊肉

 魚/魚卵 サバ、アジ、イワシ、マグロ、サケ、たら、
      カレイ、イクラ、タラコ

 甲殻類/軟体動物
      カニ、エビ、ムラサキイガイ(ムール貝)、
      イカ、タコ、ロブスター

 穀類   小麦、米、そば、グルテン、ライ麦、大麦、
      オート麦、トウモロコシ、キビ、
      アワ、ヒエ、麦芽

 豆類/ナッツ
      大豆、ピーナッツ、カカオ、沿道、インゲン、
      ヘーゼルナッツ、ブラジルナッツ、アーモンド、
      ココナッツ

 果物   りんご、バナナ、オレンジ、桃、キウイ、
      イチゴ、メロン、アボガド、グレープフルーツ、
      マンゴ、洋ナシ

 野菜   トマト、にんじん、ジャガイモ、ほうれん草、
      たまねぎ、にんにく、たけのこ、かぼちゃ、
      サツマイモ、セロリ、パセリ

 その他  ゴマ、マスタード、ゼラチン、
      ビール酵母(パン酵母)

血液検査できるアレルゲン : 吸入性アレルゲン

吸入性アレルゲン

花粉 

イネ科植物:  カモガヤ、ハルガヤ、オオアワガエリ、
        ギョウギシバ、ナガハグサ、
        オオスズメノテッポウ、ヒロハウシノケグサ、
        ホソムギ、アシ、コヌカグサ、セイバンモロコシ、
        小麦、スズメノヒエ
   
 雑草 :   ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、アキノキリンソウ、
        タンポポ、ブタクサモドキ、オオブタクサ、
        ニガヨモギ、ブランスギク、ヘラオオバコ、シロザ、
        ヒメスイバ、イラクサ
   
 樹木 :   スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、ビャクシン、
        マツ、カエデ、ブナ、コナラ、ニレ、オリーブ、
        クルミ、ヤナギ、アカシア、クワ

花粉以外:   室内塵/ダニ、ハウスダスト、ヤケヒョウヒダニ、
        コナヒョウヒダニ、アシブトコナダニ、サヤアシニク
        ダニ、ケナガコナダニ

真菌/細菌 : カンジダ、ピティロスポリウム(マラセチア)、
        ビール酵母(パン酵母)、ペニシリウム、
        クラドスポリウム、アスペルギルス、ムコール、
        アルテルナリア、ヘルミントスポリウム、
        トリコフィトン(白癬菌)、黄色ブドウ球菌A、
        黄色ブドウ球菌B

 動物 :   ネコ皮屑、イヌ皮屑、イヌ上皮、ハムスター上皮、
        モルモット上皮、家兎上皮、ラット、マウス、
        セキセイインコ羽毛、ニワトリ羽毛、アヒル羽毛、
        ハトのふん、ウマ皮屑、ウシ皮屑、ヤギ上皮、
        羊上皮、豚上皮その他 絹、ホルマリン、
        ラテックス、オオバコ種子、イソシアネートTDI、
        イソシアネートMDI、イソシアネートHDI、
        エチレンオキサイド、無水フタル酸

アレルギーはどうやって調べるの?

アレルギーの症状は身体の中に存在するlgE抗体によって引き起こされます。この抗体の存在があなたがアレルギーであるかどうかを知るカギなのです。

スギ花粉症を発症している人にはスギ花粉に対するlgE抗体が存在しますし、ダニにより喘息を起こしている人にはダニに対するlgE抗体が存在します。この事からあなたの身体の中にあるスギ花粉ダニに対するlgE抗体の有無を調べることにより、その症状がアレルギーによるのか否かを知ることができます。

年齢や症状に応じて原因となりやすいアレルゲンはよく知られているので、これらを組み合わせることにより効率的に原因アレルゲンが何であるかを知ることができます。この検査は「特異lgE抗体検査」と呼ばれ、あなたの血液を調べる検査です。一回の採血で10種類以上の原因アレルゲンについて調べることができます。

咳、鼻水など症状はよく似ていてもその原因は様々です。細菌感染やアレルギー等原因を識別して、適切なクスリにより早く症状を抑えると同時に、アレルギーの場合には原因アレルゲンを除去・回避し、症状の再発、重症化の防止に努めましょう。

放っておくと重症化・慢性化する!?

アレルゲン」となるものを食べたり、吸入することにより、繰り返し体内にアレルゲンを取り込むとアレルギー症状はどんどん進行していきます。その結果、アレルギー症状が強くなったり、ちょっとした刺激でも症状を引き起こしやすくなり、病気の重症化、慢性化に繋がっていきます。

これは、ひんぱんに「アレルゲン」を取り込むことでlgE抗体の量や症状を引き起こす物質を含む肥満細胞の数が増えてくることが原因のひとつとして考えられています。このようになると服用するクスリの種類、量、回数が多くなり、なかなか治りにくくなります。

アトピー体質」を持った子供は、乳児のときには下痢や吐き気、鼻炎・結膜炎の症状が現れることがあります。このように加齢に伴い異なるアレルギー症状が次々と現れることを「アレルギーマーチ」と呼びます。

アトピー体質の母親→胃腸アレルギーの乳児→アトピー性皮膚炎の幼児→喘息の学童→鼻炎・結膜炎の成人

主なアレルギー症状

・くしゃみ、鼻水、鼻づまり

・のどのかゆみ、はれ、くちのまわりの湿疹

・かゆみ、じんましん、湿疹

・眼のかゆみ、充血、涙目

・ゼイゼイ・ヒューヒュー、咳・痰、呼吸困難

・下痢、腹痛、吐き気、便秘

アレルギーって何?

気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどのアレルギー症状は、症状がでる場所は異なりますが同じ仕組みで起こります。

私たちの身体は、ウィルスや細菌から身体を守る「免疫」という大切な仕組みによって外敵から守られています。免疫とは、身体に入ってくるウィルスなどの異物を攻撃する「抗体」を作る仕組みのことです。子供のときにはしかにかかった人は大人になってもはしかにはかかりません。

これは、子供の時にはしかに対する抗体が身体の中に出来たために、次にははしかのウィルスが身体に侵入してきても、既に存在するはしかの抗体がそのウィルスを攻撃し、やっつけてしまうからなのです。しかし、こんな頼りになるはずの抗体が自分の身体に悪い影響を与えてしまうのがアレルギーなのです。

アレルギーを起こす抗体は「lgE抗体」と呼ばれます。アレルギーの人はこのlgE抗体が身体でたくさん作られていることがわかっています。これを「アトピー体質」と呼びます。

アレルギー症状を引き起こす原因物質を「アレルゲン」と呼び、スギ花粉、ダニ、カビ、ペット、昆虫、卵、牛乳など身近にある多種多様なものがアレルゲンとなります。
アレルゲンが体内に入り込むことにより、体の中に「lgE抗体」が作られます。

lgE抗体は、眼、鼻、肺、皮膚、腸などの粘膜にある「肥満細胞」の表面に結合しますが、結合しただけではアレルギー症状は起こりません。再びアレルゲンが身体の中に入り肥満細胞上にあるlgE抗体と反応すると、肥満細胞はヒスタミンやロイコトリエンといったアレルギー症状を引き起こす物質を放出します。そのため、多くの場合アレルゲンが侵入してきた場所でアレルギー症状が起こります。

Is it allergy?

くしゃみや鼻水が続くからいつもティッシュが手放せない
咳や痰が続いていて呼吸するとゼイゼイ・ヒューヒューという音がして苦しい
しつこい湿疹…クスリで治ったと思ったのにまた…どうして?

あなたの症状の原因がアレルギーかどうか調べてみませんか?鼻水、咳、湿疹ににたような症状であっても原因は細菌感染、ウィルス感染、アレルギー等様々であり、原因によって用いる薬の種類やその治療内容は全く異なります。
咳や喘鳴を繰り返す幼児では3人に1人、学童では3人に2人、小児の鼻炎患者では10人に7人、乳幼児の湿疹でも3人に1人は、アレルギーが原因と言われています。

2006年04月28日

グルメお取り寄せ食いしん坊

グルメお取り寄せ食いしん坊

全農が運営するJAタウンの商品を実際にお取り寄せし紹介しています。
posted by とも at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。